静岡県から愛知県を中心に釣り具の店舗販売を行う「イシグロ」の釣り人のための情報ポータルサイト

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています.

イシグロ フィッシングアドバイザー

フィッシングアドバイザーの船酔い対策

2018/10/22
  • 143,734 view
  • その他
私、フィッシングアドバイザー宮崎が自らの体験をもとに船酔い対策を皆さんにお伝えします!

こんにちは 愛知エリアフィッシングアドバイザーの宮崎です。

台風ラッシュも一息つき、いよいよ本格的に釣りシーズン突入といった感じでしょうか。

船からの釣りもいろいろな対象魚が釣り人を楽しませてくれますが、船釣りは船酔いが怖くてなかなか足を踏み入れられないという方も多いと思います。
そんな船釣り初心者の皆さんにも船釣りを楽しんでいただけるようにと、

私の経験をもとにした「船酔い防止」のコツをご紹介させていただきたいと思います。

ちょっと長めの読みものとなっていますが、「船釣りをしてみたいけれど船酔いが心配で・・・」という方は是非目を通してみてください。

船酔い・・・一体どれくらいの釣り人がこの症状に悩まされているのでしょう。

いや~な眠気・・・生あくび・・・お腹の奥からこみ上げる何か・・・とめどなく分泌する唾液・・・突然堰を切ったように溢れ出す○◆☆?△*@!!!
立ち直れないほどの気だるさ・・・再び溢れ出してくる○◆☆?△*@!!!

私もかつては船酔い常習者でしたので、思い出しただけでブルーになっちゃいます。

私の入社当時はちょうど御前崎沖の金州というポイントでの大物釣りがブームになりつつあった頃で、お店のお客様に連れられて月に2回は必ず船に乗せられて?いました。

とはいうものの、元気なのは毎回船に乗るまでのわずかな時間で、船に乗ったとたんにお決まりのように・・・逆噴射○◆☆?△*@!
どんなに海が静かな時でも船酔いし、船頭さんには「こんなに船に弱い奴は初めてだ」と捨て台詞をいわれてしまう始末。
毎回のように12,000円の優雅なお昼寝をしてきました。

そんな私が今では殆ど船酔いすることなく船釣りを楽しんでいるっていうこの事実!

船釣り教室では揺れる船の上を走り回っているこの事実!

経験からくる慣れはあるにせよ、とにかく船酔いをしなくなったのは、毎回あることを実践しているからなのです。
この方法は私の周りの人にも実際に効果があった方法で、皆さんもこの方法を実践していただければ、きっと船釣りを楽しんでいただけるのではないかと思います。

船酔いが心配な方は多分疑心暗鬼ではないかとは思いますが、あんなに船酔いの酷かった私が、今、こうして船釣りを楽しんでいるのですから、騙されたと思ってお試しいただけたらきっと「新しいフィッシングライフ」が開けると思いますよ。

 それでは私、フィッシングアドバイザー宮崎がオススメする船酔い防止法をご紹介いたします。

まずは酔い止め薬の選択です。

以前、私は内服液タイプの酔い止め薬を服用していたのですが、内服液タイプはその味のせいか、服用したことで気持ちが悪くなってしまうことがあり、いつの頃からか錠剤タイプのものを服用するようになりました。
今回は錠剤又はカプセル状の酔い止め薬から効果の高いものを紹介したいと思います。

まず、よく効くのは何といっても「SS製薬のアネロンニスキャップ」というカプセル状の飲み薬です。


酔い止め薬には中枢神経に働く成分が入っているらしいのですが、アネロンニスキャップにはその他に胃に直接働いて嘔吐を止める「アミノ安息香酸エチル」という成分も入っています。
アネロンニスキャップはかなり強力な効果があるのですが、人によってはフラフラとしてしまったり、特定の疾患がある人は服用が出来ない場合がありますので注意が必要です。

次に酔い止め効果が比較的緩やかで、服用しやすいのが「センパアQT」。


水がなくても口の中ですばやく溶ける速溶錠の乗りもの酔い止め薬です。さわやかなフルーツ風味で、飲料がなくても服用できます。
アネロンニスキャップほど強い効果は無いようですが、多くの方はこの薬で充分な効果があるようです。

現在私が服用しているのはこのセンパアQT。

釣り教室でお客様に対応するのにフラフラになってしまうのは避けなければなりませんのでこの薬を常用しています。
この酔い止め薬で殆ど酔うことがありませんので、これでも充分に効果が高いと思われます。

ですのでいつも服用しているこちらの薬で、私がいつも実践している船酔い防止法を解説させて頂きますね。

乗船前にご用意いただくもの

センパアQT、バナナ2本、船の上で食べる食事と飲料。

前日は6時間程の睡眠

まず船に乗る前日は、なるべく6時間程の睡眠をとります。もし寝付けない場合には前記のセンパアQTを1錠摂取すると寝付きが良くなります。

乗船時間の2時間以上前に起床

当日の朝は乗船時間の2時間以上前に起床し、釣り場に向かいます。乗船の1時間前にバナナを2本食べ、すぐにセンパアQTを1錠摂取します。
(パッケージには30分前に摂取とありますが、1時間位前に摂取したほうが酔い止めの効果がしっかりと出てくれるようです)

乗船後、おなかがすいてきたら大丈夫!

船に乗船し、釣りをしていてお腹がすいてくるようならしめたものです。用意してきた食事を摂りながら釣りを楽しめるはずです。
経験から言って船の上でご飯が美味しく食べられれば、それ以降の船酔いをする確立は大幅に下がります。


以上です。たったこれだけで船酔いせずに船釣りを楽しむことが出来るんです!ぜひお試しください。

もちろん船酔いだけでなく、バスや電車、飛行機などの乗り物酔いにも効果があるはずですので、乗り物酔いに悩まされている人は参考にしてください。

また、酔い止め薬には子供に良くない成分も存在しますので、大人用のものを量を減らして飲ませることは絶対に避けてください。子供に服用させる酔い止め薬は必ず子供用のものを選びましょう。
ちなみにセンパアQTは子供用のものも販売されています。

以上、私のお奨めする船酔い対策でした。船酔いが怖くて船釣りを躊躇されている皆さん、是非お試しくださいね♪


わずか船酔い率1%未満の「沼津」ふねつりツアーも必見!

大人気!沼津の穏やかな海で手ぶらでふねつり体験!



船釣り・沖釣りの時の服装・持ち物はこちら!

TOPへ戻る

釣り投稿

閉じる